2008/09/17

訓練


 日曜日に犬の躾教室に家内と娘が行き、自分は間接的に聞いただけだが、家族皆で同じ対応をしないといけないとのことで、自分も犬のおやつをポッケにしまいこみ、娘のピアノ教室の待ち時間に川上犬の散歩をした。今日の散歩で驚いたのが、いきなり、ダッシュをしてしまい、訓練の内容を忘れていたことだ。先にスタスタと湖子姫が走り出すので、強くリードを引っ張り川上犬の首を少し絞めました。でも、再び何回も訓練を忘れ、先に歩くので何回かリードを引っ張ったら湖子姫が思い出したようで、ようやく、私の隣を歩き出しました。今度は、湖子姫の気がそれると、お座りと伏せをやらしてから、おやつを与えるようにして、50分ほど散歩の訓練をしました。

2 件のコメント:

y さんのコメント...

行きたいところに行かせてあげたいと思ってしまうけれど、あらゆる危険を考えても、きちんとボスが誰なのかをわからせることって大事ですよね。
我が家は父、母、兄、リキ、私…という順番がリキの中で出来てしまったらしく、やはり圧倒的に父との散歩がスムーズでもあり、安心してましたね。
私が行くと、「ねーちゃんで大丈夫かな…」という一瞬振り返ったり、地父の方を見たり、結構あからさまに信頼感を態度に出す子でした(笑)
しつけ教室に行かれた奥様とお嬢さまで散歩に行けたり、又一人づつでも散歩に行けたり、やっぱり家族みんなが姫ちゃんの安心出来る散歩リーダーになれるのって素敵だと思います。

saisaitakesi さんのコメント...

>Yさんへ

 リキ君は、Yさんのお父さんとの信頼関係は深かったのですね。良いな~~~