2008/10/14

参った

湖子姫が参ったしている時の写真です。あの気の強い川上犬でも家族の前では、この調子です。最近、湖子姫に変化があったのか、人が近づくと、警戒して以前よりも吠えるようになった。今でも子犬だが、もっと小さい時も人に慣れさせようとして、色々な人に「いいこいいこ」してもらったのにどうしたのか・・・

4 件のコメント:

y さんのコメント...

お腹ナデナデの要求でしょうか、うらめしやぁ~のつもりでしょうか(笑) 

信頼の証、ですよね。 かわいい☆

リキも小さい頃父にがつんっと怒られるとすぐコロッと身をひっくり返していました。
お説教が終わっても起き上がらないので、ナデナデしてあげたのが運のつき(?)なのか、何かというとすぐひっくり返って、「撫でて。」と要求するようになりましたよ。
短く適当に止めると、むくっと顔だけ起こして「まだ。」て顔してパタンと倒れ、すぅー…とため息ならぬ鼻息を出すんです。

警戒心が成長とともに強くなっていくのはまさに血統なんでしょうね。どんなに人と触れ合わせても心を許すのは家族だけ、人間社会で生きる分では批判されるかもしれないけれど、私はなんだか嬉しくもなりますね。
だれにでもホイホイ尻尾振って行かれちゃっても、東京だと夜昼問わず物騒な世の中になってしまったし、守り守られの関係がいいですよね。

リキも姫ちゃんの年齢ころは本当によく吠えましたよ。母がお隣さんに謝ったり、お散歩途中でも「うるさかったらゴメンナサイ」と話してる事がありました。犬を飼っているお家が少なかったので、近所の番犬として暖かく迎えてもらってはいました。もうちょっと大人になると、たぶん警戒心の中の恐怖心が取れて、吠えまくることはなくなると思います。まぁ、リキはうちの通りの家2件に泥棒が入っても爆睡していたようで一切吠えなかったですけどね…。番犬というより、犬として…姫ちゃんは間違ってないと思います(笑)

saisaitakesi さんのコメント...

>Yさんへ

 気に入らない人がくると吠えるんですよね・・・こないだは、郵便屋さんに吠えてしまい、謝りましたよ(笑)

 家は、犬に対して暴力は使わないので、飼い主が拳を上げても、頭を避けることをしないで、頭をなでられる体勢になりますよ(笑)

y さんのコメント...

同じですね~お世話になってた獣医さんには小さい頃はリーダーだ誰かを教えるために、悪いことをしたらその場ですぐ口をつかんで開けられないようにして軽く叩くか、握り拳を上げて力を見せつけるのも大事だと言われたんですが、よっぽどのことがない限りは父の鬼の形相と、振り上げられる途中のその手のスピードとに即、ひっくり返って降参!していました(笑)

犬は口がきけない分甘え上手で謝り上手な気がしますね・・・

saisaitakesi さんのコメント...

>Yさんへ

 謝り上手ですか~~(笑)そうかもしれないです・・・口をつかむのはよく娘がふざけてしてるけど、湖子姫にその度にうなられています(笑)