2008/10/19

バラを・・・・

家内が大切にしていたバラの枝を咬んでいる写真です。この時期は、川上犬・湖子姫の予防接種がすんでいなかったので、庭で散歩している時です。家にきてから2ヶ月間は、やむを得ず庭で散歩をした。

6 件のコメント:

y さんのコメント...

ぁぁぁあああ~っ…奥様のバラ…

姫ちゃんなりの愛情表現、ということに…笑

なんにでも興味が出るころだし、歯もむず痒くなってくるころだし、破壊王の始まりだったのかな。リキも男の子故に激しかったです。
母の大事なまっさらのお財布、父からのプレゼントと自慢げに白馬の旅館で出してきたら秒殺でした。シャァ~っとおトイレを的中させて。 

これもリキなにの愛情表現…だったとは思えず母は冬の寒さではない、別の何かに震えていましたね(笑)

奥様、その後バラはまだ育ててらっしゃるのでしょうか…

saisaitakesi さんのコメント...

>Yさんへ

 咬まれたバラは無事に花が咲きましたよ(笑)川上犬の雄は気性が荒いと聞いています。育てるのは楽しい反面大変なこともあったと思います。白馬までスキーにでも来られたのですね~~

匿名 さんのコメント...

よかった☆ たくましさはバラも姫ちゃんも変わらないですね。
ま、赤ちゃんのころだったからバラも生き延びた…とも言えますが…汗

母も庭を花で埋め尽くすのが夢でパンジーやゼラニュウムやアジサイなど、季節ごと庭が花であふれているように、と頑張っていましたが生き延びた子たちもあれば、みごとにリキの餌食になった子たちも多数…笑

リキが去ってから庭は毎年花々で満たさせるようになりました。リキが自分の代わりにともたらしてくれた景色なんじゃないかという思いもあり、悲しくも嬉しい、不思議な景色です。母は愛おしそうに毎日花に水をやってます。春になると黄色い蝶々が遊びに来るんです。母の周りをついて離れない変わった子です(笑) 

白馬は毎年のように行ってましたよ~
しかし、家族の中でなぜ私だけ未だにスキーもスノボも出来ないのか…気のせいですよね、きっと。あはは。

saisaitakesi さんのコメント...

>Yさんへ

 白馬は、寒いですよ・・・今日も明日も白馬です・・・・でも、空気が綺麗ですね。家も湖子姫にもしものことがあったあとはと考えるときはあるけれども、まだ、生命力たっぷりです。でもね、湖子姫の子供を家に置いとくつもりです。

y さんのコメント...

ちょこっとしんみりなお話ししてしまいましたよね、ごめんなさいね;)

姫ちゃんの命のことよりも、姫ちゃんとご家族の時間の濃さを何よりも願い祈っています☆
ママになることは大変で楽な道のりではないかもしれないけれど、もし姫ちゃんの血統が受け継がれる子たちを見ることができたら、私もうれしいです!

リキのパパママはあまりリキに似てなかったんですよね…

saisaitakesi さんのコメント...

>Yさんへ

 しんみりな話は構いませんよ~~川上犬の子返しの際は、子犬を川上犬保存会に渡すときが辛いらしいですね・・・・